トヨタ紡織九州株式会社

  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 調達情報
  • 生産工程
  • CSR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ

CSR情報

ホーム>CSR情報>女性活躍推進法に基づく行動計画

女性活躍推進法に基づく行動計画

「女性が個性と能力を十分に発揮できる社会の実現」に向けて、トヨタ紡織九州(株)では次のように行動計画を策定する

1. 計画期間

2019年4月1日 ~ 2022年3月31日

2. 当社の課題

課題1:正社員採用に占める女性の比率が少ない
課題2:育児休業の取得率を見ると、女性社員がほぼ全員取得している一方、男性社員は育児休業の取得が出来ていない

3. 目標と取組内容・実施時期

目標1 : 正社員採用(新規学卒者、中途採用者)に占める女性社員の比率を2025年度までに20%以上とする

<取組内容>

・2019年4月~ 2016年4月度から取り組んでいる「高卒採用時に女性社員の採用比率20%を意識した採用計画」を引き続き継続する

・2019年4月~ 現業部門の部署別に男女比率を割り出し、女性比率が少ない部署へ積極的な配置を実施

目標2 : 男性社員の育児休暇取得実績を2019年度以降も継続的に1人/年以上とする

<取組内容>

・2019年4月~ 新入社員教育、中途採用者教育を利用して男性社員へ育児休暇制度の理解活動を行う

・2021年4月~ 職制を対象に育児休暇制度の理解活動を行い部下へ積極的な育児休暇制度の取得に向けた推進活動を行う

ページ上部へ戻る